『Blohp!』はブログをホームページ風のデザインに変更するサービスです。外観だけでなく内部構造もホームページに近づけるため、従来のブログよりYahoo!やGoogleで見つかりやすくなります。
Blohp! ブログで作るホームページ
制作・サポート
エルメジャー
〒710-1301
岡山県倉敷市真備町箭田1034-12
Tel:
050-5534-3219
(月〜金 10:00〜18:00)
Fax:
086-697-5393
E-Mail:
info@elmejor.jp
top12.png
top13.png
top14.png
top15.png
トップページ > スタッフ紹介 > 中学生時代 1992年〜

中学生時代 1992年〜

中学生にしてパソコンでプログラムの基礎を学び、文章を書く楽しさに目覚める。

中学生になると一転して、男の子としか遊ばなくなります。音楽バンド「フォーエバー・カンパニー(永遠の仲間)」も解散。思春期ですから仕方ないですよね(笑)。男友達と一緒にテレビゲームで遊んだり、自転車で遠出したりという生活に変わります。

ただ、同年代の他の男の子と違ったのは、中学2年生の時に、PC-9801というパソコンを買ってもらったこと。当時のパソコンは今とは違って面白いことは何もできなくて、本屋で「マイコンBASICマガジン」(現在は廃刊)という本を買ってきては、載っている意味不明な文字をひたすら打ち込んでいました。するとゲームが遊べたのです。中学生が興味持つことなんて、しょせんそのレベルのことですよね(笑)。

今思い返すと、それはBASICというプログラムで、私がパソコンのソフトを作るための基礎となったのです。たまたま近くの高校のコンピューター室で、BASICの講習会があったので行ってみたのですが、参加者は中年のおじさんばかり。でも、中学生の自分が、一番理解が早かったという(笑)。それからはプログラムで意味不明なゲームを作っては、友達に遊んでもらっていました。(右図)

中学三年生の頃には「RPGツクール Dante98」というソフトを購入し、ひたすらゲーム作りに夢中になっていました。音楽から絵から何まで、全部自分で作ろうとしてましたが、当時のパソコンは使える色数はたった16色で、音楽も同時に鳴らせる音は6つまでと、すごく性能が低かったのです。今の時代に生まれた子供達がうらやましい…。
09071901.png
その他、ビデオカメラを買ってもらったので、家族でどこかに出かけた時には、決まって自分がカメラマンの役をしていました。当時はパソコンで動画編集なんかできませんから、ビデオデッキにつないで、良いシーンだけをダビングして編集したものです。当時はインターネットもありませんから、ビデオの本格的な撮影方法については、図書館に行って本を読んで調べていました。

また、クラスに小説を書くのが趣味の子がいたので、自分も触発されて小説を書いてみたりしました。これがきっかけで、文章を書くのが好きになり、文系の道に進むことになります。